iPhone6 plus / Macでハイレゾを楽しむ方法

15681003302 0fdcd95a59 z

ウォークマンなどではもう標準で対応している高音質なハイレゾ音源をiPhoneでも楽しむためにハイレゾ対応のポータブルヘッドフォンアンプと再生用アプリを使い始めました。

ヘッドフォンアンプは持ち運びしやすくてリモコンにもなるDeff soundのDDA-LA20RC、音楽再生アプリはオンキヨーのHF Player、音源はオンキヨーのサイトから購入。

音質は普通のiTunes storeで買ったものも良い音で再生でき、 ハイレゾ音源はさらに高解像度な音。ビートのピッチや距離感がより繊細になり効果ありといったところ。

ただ、ヘッドフォンや音源によっては多少荒くなるものもあったので、音源のクオリティやヘッドフォンの対応音域、出力に左右されるのかなと感じました。

iPhoneとの接続はLightning端子でそこからステレオミニジャックのヘッドフォン。使用中はLightningプラグが使えないので注意。

ポータブルのヘッドフォンアンプは場所に左右されず旅行中なども使えるのでオススメです。

ハイレゾ音源がiPhoneでは直接買えず、パソコンなどを介して購入→保存→iPhoneへ転送というフローを踏まないと使えないのでその辺りがもっと使いやすくなるともっと手軽になるかな?

MacやAndroidでも使えるのでMacで試してみたところ、BitPerfectと併用で標準のオーディオジャックとは比べ物にならない音質になり驚きました。

Macで使う際はmicrousb・usbのケーブルが別途必要になります。

その他、付属のケーブル以外ではApple社製のLightning – USBケーブル(カメラ用)とMicroUSBケーブルでつないで動作することもわかったのですが、ちゃんとしたmicrousbケーブルじゃないとダメなようで単純な充電用のものでは動作しないケーブルが複数ありました。

WiMAXなどのモバイルルーターを自宅などで少しでも感度よくさせる方法

帰省しているときなどはUSBの給電を行いつつ、常時モバイルルーターをつけたままにしているのですが、机の上などにおいた状態では電波があまりよくないので何か良い方法がないかと考えた際に、持ち合わせていたガジェットで解決したので紹介。

使うのはデジカメ用の小さな三脚とその三脚にスマホなどを取り付ける為のアダプター。

  • SLIK+三脚+スプリントPRO2+ガンメタリック+SL-1080GJ
  • JOBY+カメラ固定具+ゴリラポッド+SLR-ZOOM+001155
  • サンワダイレクト+iPhone・スマホ三脚ホルダー+スマートフォンアタッチメント+90度回転+200-CAM025
  • REC+クリップオン+(ホワイト) 三脚付%26ゴムラバー4色付「スマートフォンスタンド」「スマートフォンホルダー」 「スマートフォン+三脚」「三脚固定ホルダー」「三脚ネジ穴搭載」「カメラクリップ」

linked by blog-tools

こういったもので机の上に置くと水平になってしまう状態を電波感度のいい位置に固定することが出来ます。

スマホを固定する器具は洗濯バサミのような形で挟むところとバネのある中心部分との幅が広い方が挟む強さが強すぎず、挟むものをいためにくいです。

屋内で窓のサッシや金属製の雨戸やエアコンの室外機などの近くに置いてしまうと電波がその影響を受けてしまうのでそういったところから少し離れたところで使えるようにすると速度が安定して快適にネットが使えるようになります。また、丸一日使っていたりすると回線が途切れたりする場合があるのでそういったときはモバイルルーターの電源を再起動すると改善されると思います。

ニュースサイトなどをiPhoneで効率よくチェック方法

NewImage
 
 
自分の日課の一部なのですが、朝の移動時間などに効率よくニュースなどをチェックするためにやっている方法を紹介。
 

ブログやニュースサイトはフィードをFeedlyで読む

 
PCでもスマホでもタブレットでもサクサクフィードをチェックできるFeedlyは、Google Readerに替わって、必要不可欠なものになっています。
 
友達のブログからロイターやYahooニュースといったニュースサイトまですべてFeedを集約して一度に見れる様にしています。
 

気になったページはPocketであとから見る

 
これもPC、スマホなどいろいろなところで使える「あとから読む」ためのサービス。PCではブラウザーのエクステンションでボタンを押すと保存できる様になり、iOSの場合はClippedというアプリを併用するとブラウザーのアドレスバーなどでコピーしたものが自動的にPocketへ転送されます。

Twitterは気になる人たちをリストでグルーピングしてHootsuiteで見る


TweetDeckなども同じような機能を持っているのですが、様々なデバイスでタイムライン毎に表示できるのでこれをつかっています。
例えば、たくさんフォローしていてわかり辛いならリストを作って、ジャンルや関係性で絞ってみたり、フォローしていない人たちのツイートを検索結果から引っ張ってきたりといったことが簡単にできるアプリケーションです。
 
これがあれば社会情勢のチェックなどもかなりノイズが多いですが出来ます。
 
上の3つでだいたいの世の中の流れが読み取れ、新聞よりも速くて大量の情報にアクセスできる様になると思います。あとは「自分が何を見るか」それ次第。

iPhone5で全国のラジオを聴く方法

iPhone向けのアプリにradikoがありますが、そのままでは今いる地域の許可された放送しか聴くことが出来ません。
Androidではrajikoというアプリがあるので全国各地のAM/FMが聴けるのですがiOS向けには用意されていないので、iPhoneで全国のAM/FMを聴く方法をご紹介。

LISMOWAVE


有料でauのIDの取得が必要になりますが、一番楽に聴くことが出来る方法のひとつで、同じアカウントで複数の端末で使うことが出来るのでAndroidやJCNのスマートテレビ用STBなどを使っている人におすすめです。

JailbreakしてLocationHolic + radiko

(こちらは脱獄が必要なので自己責任にて)
CydiaストアにあるLocationHolicを使いGPS座標をフェイクで設定した上でradikoを使う方法です。
フェイクで設定できるのは便利なのですが、盗難にあってiPhoneを探すアプリを使っても本当の場所が分からなくなったりするので、必要ないときは設定をきっておくのが懸命です。

安全にSIMフリーのiPhone5を手に入れる方法。

  • (Simフリー) 海外版+iPhone5+ホワイト+64G
  • (Simフリー) 海外版+iPhone5+ブラック+64G

linked by blog-tools

今日ニュースを見ていて驚いてしまった記事

SIMフリースマホ通販「SKS Telecom」で商品届かないトラブル続出 消費者庁が注意喚起

自分自身も買うときにネットや実店舗などいろいろ考え、SKS Telecomも候補に入れていたのでこのニュースは驚きでした。

これ以上被害が増えないようにするためにも、どんなところを見て判断するべきなのかポイントなどを記事にまとめてみました。

なるべく、実績のある(見える)ところにする。

世界的に展開しているExpansysなど既に定評のある通販を利用することで届かない、違うものが届くといったことを防ぐことができます。また、日本語で対応してくれるところや電話で対応してくれるところ、実際に返品を行った際のブログ記事などもあると参考になると思います。よいところだけが目にはいってしまいますが、ネガティブな評価などを見て、見極めることが大事になります。

実店舗で買う。

自分は色々悩んだ結果、実店舗で確認した上で購入しました。秋葉原などにSIMフリーの端末を専門に扱うお店が複数あるので休日などに見て回ってからきめると確実だと思います。数日なら取り置きなどもしてくれるところがあるので、店員さんと交渉してみるのも◎。

Amazonのマーケットプレイスを利用する。

実はけっこうリスクもあるのですが、Amazon.co.jpが発送(実物が倉庫に納品されている)、事業者の評価が一定数あり、高い。といったところをポイントに、自己判断になってしまいますが、簡単に手に入る方法のひとつです。できれば評価の低いものもみてその理由がしっかりしたものかどうかといったところもみて判断したいところ。

そして、SIMフリーの端末は自分が利用しようとしているキャリアがその機種に対応しているかしっかりと確認することが必要なので「買ってSIMカードがさせれば使える」と思わずに、しっかりと調べて使えることを確認してから選ぶようにしたいものです。