BC+1 BA+1 SPD ドライバーのKinera Celest Plutus Beastを使い始めました

Kiwi ears QuintetNICEHCK NX7 MK4など、3種類以上のドライバーを搭載したイヤホンをもう少し探究したく、低音域を骨伝導ドライバーが出しているKinera Celest Plutus Beastを選んでみました。

インピータンスが8Ω、再生周波数が20kHz上限で色々試してみたところ、ある程度、DACなどで出力が高くないとリケーブル時のケーブルの特性の恩恵がない場合がある少し癖のあるイヤホンでした。

続きを読む “BC+1 BA+1 SPD ドライバーのKinera Celest Plutus Beastを使い始めました”

低音域の分離感がいいNICEHCK GreyDragon

AliExpressのセールがきっかけで手に入れたNICEHCK GreyDragon

litz type7sを線材に使用したケーブルらしいということはわかるのですがあまり情報がなく、販売価格は1万円を少し上回るぐらいでした。

いろんなイヤホンやDACで試してみたところの感想は、

続きを読む “低音域の分離感がいいNICEHCK GreyDragon”

TRN BT30でイヤホンワイヤレス化をリベンジ

KZ-AZ20とゼンハイザーBTD 600をiPhone 15 Pro Maxで使ってわかったことでは、AirPodsProで聴いた方が正直いいかもしれないような状態だったのですが、セールだったり、2pin対応のイヤホンが増えたこともあり、コネクタの交換でqdc/mmcx/2pinなどが使えるイヤホン向けBluetoothモジュール、TRNのBT30を使ってみることにしました。

続きを読む “TRN BT30でイヤホンワイヤレス化をリベンジ”

ifi audio hip-dac3を使い始めました

手持ちのDAC周りはFiiOのQ3(2021)とKA13、Kiwi ears Allegro, TEAC HA-50とあるのですが、メインで使っているQ3,KA13とは違う傾向のものが欲しくなり、据え置きのものなども考えたのですが、ifi audio hip-dac3を選びました。

続きを読む “ifi audio hip-dac3を使い始めました”

iPhone 15 Pro Max とBTD600、XB10でワイヤレス+イヤホンの環境を整えてみた

せっかくかったBTD600 をほぼ使わず、ガジェットポーチにしまっていた状態だったのですが、次のポータブルアンプをと考えているとふと、5年〜10年前は毎年のようにBluetoothオーディオレシーバーを買って試していたことを思い出し、Astell&Kernが昔だしていたXB10(SoftBank SELECTION ワイヤレスヘッドホンアンプ Astell&Kern for SoftBankSELECTION XHA-9000 SB-XB10-BTHA)を持っていることに気づきました。

続きを読む “iPhone 15 Pro Max とBTD600、XB10でワイヤレス+イヤホンの環境を整えてみた”